死後離婚

死後離婚って何だ?

  
1「死後離婚」という用語にびっくり

離婚は配偶者の生存中でなければできない。それなのに「死後離婚」という文字をネットで見かけてびっくりした。

養子縁組の解消,つまり離縁は「死後離縁」という制度がある。民法811条6項に規定がある。しかし,離婚についてはこのような規定がない。

 ネットをよく見てみると,配偶者死亡後の姻族関係終了の意思表示(民法728条2項)のことであった。

 2 姻族関係終了の意思表示

姻族とは婚姻により形成される親族関係,つまり配偶者を介した親族関係である。結婚すると姻族関係が生じる。離婚すると姻族関係がなくなる(民法728条1項)。配偶者の死亡によっては当然には姻族関係はなくならない。

 3 姻族関係終了の意思表示のやりかた

姻族関係終了の意思表示は,具体的には姻族関係終了届を提出することで行う(戸籍法96条)。

 

 4 姻族関係終了の効果

  何の目的で姻族関係を終了させるか。心理的な目的が一番大きいのであろうが,法律的な効果はどうなのか。以下,まとめてみた。

 

Ⅰ 扶養義務を完全に免れる

 

  同居の親族に関する730条,特別の事情のある場合の877条の規定により姻族関係にある者に扶養義務が生じることがある。

Ⅱ 成年後見申立人の資格

  申立人になれなくなる(民法7条,11条,15条)。

Ⅲ 刑法の関係

犯人隠避・証拠隠滅105条・・・「親族」に対しては刑の免除することができる。

窃盗244条・・・「同居の親族」に対しては刑が免除される。

詐欺・背任・恐喝251条・・・「同居の親族」に対しては刑が免除される。

横領255条・・・「同居の親族」に対しては刑が免除される。

盗品譲受257条・・・「同居の親族」に対しては刑が免除される。

Ⅳ 効果がないもの

 直系姻族間で婚姻ができないことは,姻族関係終了届をしても変わらない(民法736条)

 証言拒絶権も変わらない(民事訴訟法196条,刑事訴訟法147条)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください